オバマ大統領を3Dプリント。3Dプリンターで残す新たな肖像物。

20141221072420

オバマ大統領を3Dプリンターで残そうプロジェクト。

3Dカメラを使い、オバマ大統領の胸像を3Dプリントします。

スミソニアン博物館の技術チームが結成し、50個のLED、14個の特注カメラを利用し、精巧な3Dデータを作成しました。

f:id:osic:20141221071620j:plain

撮影の様子

f:id:osic:20141221071624j:plain

オバマ大統領と言えば、3Dプリンター産業に力を入れていることでも有名です。

Make: Japan | オバマ大統領が一般教書演説で3Dプリントに言及

意外と知らないオバマ大統領が設立した3Dプリンターの研究施設 NAMII とは? | 3Dwave

新しく、積層造形イノベーション機構「MAMII」にも3,000万ドルの予算を投入しています。

こうして自分の胸像を3Dプリントで残すあたりも、3Dプリンター業界への関心の高さが伺えます。

左がテクスチャーなし、右がテクスチャーありの3Dデータ。

f:id:osic:20141221072420j:plain f:id:osic:20141221072450j:plain

写真や、彫刻でなく、3Dプリンターで自分の肖像を作る。

新しい自身の記念の残し方になるかもしれませんね。

オバマ大統領は、3Dプリンター業界に大きな期待をしていますが、その期待に応えるように業界をもっと活性化させていきたいですね。

The President, in 3D – YouTube

■参考記事

http://www.businessnewsline.com/news/201412190044520000.html

オバマ大統領を3Dスキャンして3Dプリント。ホワイトハウスに飾られる | 3Dwave


<運営元情報>
X人の株式会社は、3Dプリンター事業に特化した会社です。
3Dデータ作成・3Dプリントから、記事を書いたり雑務まで行なっております。
ご相談は、3Dayプリンターまでお願いします。