未解決事件を解明?|3Dプリンターで事件現場を再現!

20140906232814

約18年前に起こった殺人事件の解明に向けて、3Dプリンターが活用されました。

内容としては、21歳の女子大生が放火により殺害されたものになります。


上智大生殺害事件 犯人とほぼ一致の血液が布団に付着 : J-CASTニュース

その活用方法なのですが、3Dプリンターを使い、現場の状況を再現するというもの!


現場を3D模型で再現=上智大生殺害18年で―警視庁 (時事通信) – Yahoo!ニュース

放火ということもあり、現場は焼失し何も残っていません。

f:id:osic:20140906232711p:plain

今回、家のモデルを精巧に作製しました。

・外観モデル

f:id:osic:20140906232814p:plain

・内観モデル

f:id:osic:20140906232820p:plain

被害者の小林さんの家を約28分の1で再現したものです。

素材は、石膏で色もついております。

制作の理由として、下記が挙げられます。

・立体的に再現することで、状況を正確に把握する。

・関係者に記憶を思い出してもらう。

実は、警視庁は2010年から科学検査研究所に3Dプリンターを導入。

米国製の3Dプリンターを使ってるそうですが、積極的に活用してるみたいです。

3Dプリンターの利点として、1点モノの精巧なものを使う!という理由が挙げられますが、確かにこういった活用はいいかと思います。

参照記事

解明なるか?未解決事件で3Dプリンターが活躍してるらしい – NAVER まとめ

現場を3D模型で再現=上智大生殺害18年で―警視庁 (時事通信) – Yahoo!ニュース


<運営元情報>
X人の株式会社は、3D事業に特化した会社です。
3Dデータ作成のモデリーや、3Dプリントサービスの3Dayプリンターまなどを運営しています。