障がい者が当事者目線を持ち、「便利グッズ」を3Dプリントするプロジェクト!

content_5ebd2ef4a1118f45101d9b20516afcf473c32ed0

障がい者就労支援事業所の「サンサン」では、3Dプリンターを使って、一人一人の障がいに合った「不便改善グッズ」をデザイン設計・出力する活動を行っています!

実際に、障がい者就労施設で働く障がいを持つメンバーが当事者意識を持って製作しており、将来的には障がいを持つ方が3Dプリンターにてデザイン・製作する職業として成り立たせることにも繋げたいとのこと。

https://readyfor-img.s3.amazonaws.com/ckeditor_assets/pictures/57907/content_03e89ff4eec8b679a68eeeea918ea7d28e2e2fc8.jpg

今回のプロジェクトを実施しているのは、サンサンにて職業指導員をしている三野晃一さんです。

「障がい者が抱えるハンディは、一人一人で事情が全く違います。しかし、一般の企業では、大量生産・大量消費する製品しか成立しないため、本当に困っている人たちは、大衆的な道具でずっと我慢しているのが現状です。」

そこで今回のプロジェクトが動き始めたとのこと。

現在は試作品の段階ですが、まずは15人分の便利グッズを作る為にクラウドファンディングサイト「Ready For?」にて資金調達中です。

同じ事業所の児童デイサービスに通所する中学2年生の女の子、山根さん。

彼女は手の力が弱く、電動車いす操作レバーに、ゴルフボールをくり抜いた「ノブ」を使っていました。

このノブでは、押したり引いたりの操作がすべりやすいとても不便はものでした。

https://readyfor-img.s3.amazonaws.com/ckeditor_assets/pictures/49115/content_5ebd2ef4a1118f45101d9b20516afcf473c32ed0.jpg

このノブを3Dプリンターでデザインし、、、

https://readyfor-img.s3.amazonaws.com/ckeditor_assets/pictures/36107/content_fc06c9058f30e221310d6b907ba26aaf9feb42a4.jpg

試行錯誤を繰り返すこと約半年、、、

https://readyfor-img.s3.amazonaws.com/ckeditor_assets/pictures/36108/content_42ab9d31bddec8aa8d40037ae42680f89e1f6874.jpg

完成した試作品がこちら!!!

https://readyfor-img.s3.amazonaws.com/ckeditor_assets/pictures/41172/content_35883b4053ad7e2836d2b2fc685221dc682dcb16.jpg

障がい者やハンディを持っている方、一人一人に合わせたパーソナルな製品を作る。

まさしくはこれは、3Dプリンターにしかできない活動だと思います!


「3Dプリンターでつくった電動車いす操作レバーが、大満足」中2女子、ありのままを、語る。2014年7月5日。 – YouTube

サンサン公式ページ

プロジェクトページ


<運営元情報>
X人の株式会社は、3D事業に特化した会社です。
3Dデータ作成のモデリーや、3Dプリントサービスの3Dayプリンターまなどを運営しています。