アイ・オー・データ機器の株価が急伸!? その理由とは!

ダウンロード

今週に入り、株式会社アイ・オー・データ機器の株価は640円台から780円台まで上がる買い手市場になっています。

一体、その理由は何なんでしょうか!?

▼アイ・オー・データ機器の2014年8月末からの株価変動

画像引用元:株探チャートブック

そうです。

ここのブログで取り上げるということは3Dプリンター関連の理由です。笑


アイ・オー・データ機器、3Dプリンター用材料に参入 :日本経済新聞

アイ・オー・データ機器は、今週23日(火)に、3Dプリンターの印刷材料の販売を開始すると発表しました。

三菱化学の子会社である三菱化学メディアが製造する材料を、11月後半から発売するとのこと。

この商品は、三菱化学メディアから欧米に向け、今年の6月より販売が開始されていた物です。

現状の日本において、3Dプリンターの材料の大半は、利用者がインターネットなどを通じて海外メーカーの製品を取り寄せており、日本で本格販売する例は、ほとんどありません。

今後、3Dプリンターの高性能化・安価化により、3Dプリンターの普及が爆発的に進むと考えられています。

それに伴い、ほぼ確実に伸びてくる市場は、3Dデータ及び3Dプリント材料の市場です。

今回の報道が中長期的な期待を生み、株価がストップ高になったというわけです。

「3Dプリンターの材料を販売している会社が、日本にはほとんど無かった?」

「みんな海外から取り寄せていた?」

と疑問に思う人もいるかもしれません。

当方も、「3Dayプリンター」という3Dプリンター事業を運営しています。

その中で、日々感じることは、3Dプリンター市場が、まだまだ発展途上でブルーオーシャンであるということです。

まだ市場規模はさほど大きくありませんが、誰もやっていないサービスがたくさんあります。

3Dプリンター市場には、いろいろなところにビジネスチャンスが転がっていると思います!


【運営元情報】
X人の株式会社では、3Dプリンターに関わる業務を行っております。
3Dデータ作成・3Dプリントのご相談は、3Dayプリンターまで。