3Dプリントで製造プロセスを再発明?女性靴のオーダーメイド販売を開始

先日、本ブログでご紹介したミリメーター社。

株式会社ミリメーターの1周年記念パーティーに参加しました | 3D NEWS

 

このたび、東京都市ヶ谷の『シューズカフェ』でフルオーダーメイドのパンプスの販売を開始しました。

f:id:osic:20161215175156j:plain

 

僕は今までバンプスについて全く知らなかったのですが、以下のサイトに詳しく説明されていました。ハイヒールみたいなやつなんですね。なるほど。

パンプスとミュールとハイヒールの違いとは? |

パンプスの種類の一つで、甲部が浅くまた大きく開いていてつま先と踵(かかと)部分が覆われている形状の女性です。 ここまではハイヒールやミュールと同じなのですが、ヒールの高さが6cm未満のものをパンプスといいます。2016/11/02

 

僕は靴はなんでもいいやーというタイプなのですが、女性は自分の足に合わない靴が合わずに悩みになっているケースが多いそうです。

 

今までの流れ

靴職人の工房に出向き、足のサイズを計測し、職人が手作業で木型を作る。

今回の流れ

実店舗の工房に出向き、足のサイズの計測と木型製作をデジタル化された方法でスムーズに行う。

 

今まで製品のクオリティーや製造にかかる時間は職人の腕次第ですが、デジタル技術を活用することで一定レベルまで標準化することができます。

木型製作がスピードアップするだけでなく、完成品のフィット感も高められるそうです。凄い。

f:id:osic:20161215180721j:plain

 

 

 

▼サービスイメージ

f:id:osic:20161215175223j:plain

 

f:id:osic:20161215180405j:plain

 

f:id:osic:20161215175215j:plain f:id:osic:20161215175211j:plain

 

多くのアドバイザーや職人が関わっているというのも興味深いですね。社長自ら靴の工房に何度も出向いたとか。(開発に、約2年かかったそうです)

f:id:osic:20161215180348j:plain

注文と料金

現在、オーダーメイドバンプスは先行予約を受付中。料金は8万円〜を予定しています。興味のある方は是非応募してみてください。

 

今後の展望

さらに、靴職人を目指す学生などに靴づくり設備を提供したり、自分の靴を自分でつくりたい女性向けの教室を開催するなど、靴づくりの将来を担う若い職人の育成と雇用の拡大にも力を入れていく予定です。

実際に市ヶ谷のカフェを利用して、職人に3Dプリンターを触ってもらうというのは良い取り組みですね。

 

▼カフェの様子

f:id:osic:20161215180432j:plain

 

f:id:osic:20161215180424j:plain

 

営業に関するお問い合わせはこちらへどうぞ!

 会社:Lowp KITCHEN
 住所:東京都新宿区市谷左内町5 Lowp1階
 営業時間: 平日 10:00〜20:00
 電話: 03-6824-9022

 

既にテレビからも取材されているそうです。流石ですね。

15595700_1222481251166009_959419213_o

▼フリー素材にありそうな社長の画像。

15609024_1222481361165998_1250306250_o

 

 

余談ですが、「靴づくり」で連想したのが新海誠監督の「言の葉の庭」という作品。靴職人を目指す高校生と女性教師の短編アニメーションです。

こちらも是非見てください。むしろ靴を購入するよりもこっちを見てください。オススメです。

www.kotonohanoniwa.jp

■参考サイト

3Dプリンターで靴づくりを再発明!ベテラン靴職人とAIの協業で女性靴は自分の足にあわせてオーダーメイドする時代へ|株式会社ミリメーターのプレスリリース


<運営元情報>
X人の株式会社は、3D事業に特化した会社です。
3Dデータ作成のモデリーや、3Dプリントの3Dayプリンターなどをサービスを運営しています。