爆発、滝が落ちる瞬間、人の笑い声…。彫刻家が3Dプリンターを使う時代に

f:id:osic:20161215150407p:plain

エイヤル・ケーヴァーは、3Dプリンターを使いこなす彫刻家です。

これまでは、”爆発の瞬間”、”滝が落ちる瞬間”など、多くの芸術作品を3Dプリンターを使って表現してきました。

 

これまでの作品

▼人の動きの3Dモデル

f:id:osic:20161215150407p:plain

▼上記のモデルを実際に3Dプリントしたもの

f:id:osic:20161215150410p:plain

 

▼滝の3Dモデル

f:id:osic:20161215150415p:plain

▼実際に3Dプリントしたもの

f:id:osic:20161215150416p:plain

 

確かに、こういった複雑なデザインは人の手だと製作が難しいですね。

 

 

今回の宇宙プロジェクトの作品

 

さて、そんなケーヴァーさん。

今回はNASAのプロジェクトに関わり、無重力状態で彫刻を作ることになりました。

そこで人類を象徴する物理的形状を考えた結果、「笑い声」にたどり着いたそうです。

つまり、笑い声の波長を3D化することにしました。

 

以前、弊社も関わったEncodeRingのサービスに凄く似ていますね!

こちらは、3秒間の声を録音し、その声の波長を指輪にするものです。

Encode Ring – 声で作る、世界に一つのオーダーメイドメッセージリング

 

▼笑い声らしい

f:id:osic:20161215150412p:plain

▼笑い声

f:id:osic:20161215150413p:plain

 

以下、引用

「笑いは、人間の表現のなかで最も美しいものだからです」

ゲーヴァーは「#Laugh」プロジェクトでアプリをつくり、クスクス笑いや含み笑い、大笑いを誰もが提出できるようにしている。

このアプリは、笑い声をリアルタイムで3D可視化。色とりどりの波形を、土星の輪のようなリングや、直方体の惑星などをベースにして生成する。一般の人々はどれが一番好きかを投票できる。

これらの笑いは、2017年1月に国際宇宙ステーション(ISS)で3Dプリンティングされ、宇宙遊泳に持ち出されるという。

人の「笑い声」を3Dプリントして宇宙に放つプロジェクト、2017年1月始動|WIRED.jp

 

なんとも壮大なプロジェクトだ…

 

詳しくは動画をどうぞ!

www.youtube.com

動画に少しだけ映りますが、ケーヴァーさんが使っている3Dプリンターが「objet1000」という、かなりハイエンドの機種でした。

 

さて、「人の笑い声を宇宙に放つ」ということに何の意味があるかはイマイチ分かりませんが、個人的にケーヴァーさんの作品はとても素敵だと感じました。

 

今後も良い作品を作っていって欲しいですね!

 

※アプリのダウンロードはこちらから。

#LAUGH – create art in space on the App Store

 

■参考サイト

人の「笑い声」を3Dプリントして宇宙に放つプロジェクト、2017年1月始動|WIRED.jp


<運営元情報>
X人の株式会社は、3D事業に特化した会社です。
3Dデータ作成のモデリーや、3Dプリントの3Dayプリンターなどをサービスを運営しています。