アートなのか幾何学なのか?グルグル回って動く「Blooms2」が不思議でおもしろい

f:id:osic:20170210163335p:plain

台の回転に合わせて、模型の形状が変わっていく3Dプリント作品「Blooms2」

まずは動画を見てください。

vimeo.com

 

どんな原理なんでしょうかね?

見てるだけで、何か楽しいですね。

 

▼画像はこちら

f:id:osic:20170210163335p:plain f:id:osic:20170210163340p:plain f:id:osic:20170210163343p:plain f:id:osic:20170210163348p:plain

画像出典元:Blooms 2: Extraordinary New Strobe-Animated Sculptures by John Edmark | Colossal

 

 

すごいなーと思ったら、こちらの作品を作ったJohn Edmarkさん、なんとスタンフォードの講師でビジュアルデザインを教えているらしいです。

なるほど、めちゃくちゃすごい人なんですね!

 

プロフィール(http://www.mag2.com/p/news/237068から引用)

コロンビア大学卒業。コンピューターサイエンス専攻。米国を拠点に活動し、2003年よりスタンフォード大学の講師としてデザインプログラムを教えている。

 

「bloom2」など、いろんな作品を作っていますね。

https://www.facebook.com/JohnEdmarkArt/

 

 

個人的に面白いなーと思ったのは、記事にあった以下の考察。

「みなさんがなぜこの動画を何度も繰り返しみてしまうのか、私にはわかりませんが、これは、コンピューターグラフィックではなく、現実にあるモノが動いているので、そういったことも関係あるのかもしれませんね。まるで生きているかのように見せかけるものとういのは、私たちの好奇心や興味を引きおこすのかもしれません」。

 

 

やはり動くものに人は惹かれるんですかね?

良く分からないですが、Johnさんの作品はスゴイです。今後の作品にも期待です。

 

 

■参考サイト

BLOOMS 2: Strobe Animated Sculptures Invented by John Edmark on Vimeo

何度も見入ってしまう「動く3Dプリント彫刻」 – まぐまぐニュース!


<運営元情報>
X人の株式会社は、3Dプリンター事業に特化した会社です。
3Dデータ作成・3Dプリントから、記事を書いたり雑務まで行なっております。
ご相談は、3Dayプリンターまでお願いします。