独断で考える3Dプリンターとドローンの似ているところ

f:id:osic:20161114103001j:plain

突然ですが、3Dプリンターとドローンって色々と似ていませんか?

以前、ドローンメディアを運営している方と話している時に、この話題で盛り上がったので、こちらの記事で色々とまとめてみようかと思います。

f:id:osic:20161114103001j:plain f:id:osic:20161114102959j:plain

 

・名前が格好いい

「ドローン」も「3Dプリンター」もキャッチーですね。

3Dプリンターの前身は、ラピットプロトタイピングマシン。試作用途の多かったですが、名前が変わってから親しみやすい名前になりました。(3Dプリンターと命名した人は偉大ですね!)

また、ドローンとは、自立式の機械全般を指します。ラジコンヘリのイメージが強いのですが、潜水艦や自動車も自立して動くのであればドローンと呼びます。ドローンも名前がカッコイイから流行ったという説が、僕の知人界隈では囁かれています。

ちなみに、ドローンの由来は雄バチだという話もあります。

ドローンの語源(由来)であまり知られていないもう一つの語源とは | ドローンTrends

 

・供給元が変わった

3Dプリンターもドローンも、二、三十年ほど前には既に存在していた技術です。

3Dプリンターの主な造形方式であるFDM方式の特許が2009年に切れたことにより、製造に携わるメーカーが急速に増えてきました。ドローンはハードウェアのオープンソース化によって、モデル開発が加速してきました。

昔からある技術が、ハードウェアの進化によって躍進したという点で類似しています。

 

・Amazonが参入

2年ほど前、Amazonがドローンを使った配送事業に着手しました。同じ時期に3Dプリンターを使った事業も積極的に取り入れています。

実際にどれくらい事業構想が進んでいるか分かりませんが、Amazonは3Dプリンターとドローンのことが好きみたいです。

30分以内の配達を実現するAmazonの配達ドローンが劇的進化、着陸方法など最新版ムービー公開 – GIGAZINE

Amazonが3Dプリンター搭載トラックで配達の高速化を検討中、在庫削減&配達時間も短縮可能 – GIGAZINE

 

・クリス・アンダーソンも注目

メイカームーブメントを起こした「MAKERS」の著書、クリス・アンダーソン氏。ドローンメーカーの3D Robotics社の立ち上げにも参画しています。

クリス・アンダーソン氏は、デジタルテクノロジーが製造分野にますます取り入られてくると予見しているので、デジタルと相性がいいものづくりの領域に注目しているようです。

 

・犯罪に使われて話題になった

悲しいニュースですが、3Dプリンターもドローンも犯罪によって話題になり、名前が知れ渡ったという一面があります。

例えば、個人が3Dプリンターを使って拳銃を作り大ニュースとなりました。また、ドローンが首相官邸に落下して世間を騒がせた事件もありましたね。

3Dプリンター銃製造事件 – Wikipedia

首相官邸無人機落下事件 – Wikipedia

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

改めて見返すと、無理やり関連付けた感も否めませんが、他にも色々と出てきそうなので、何かありましたら教えてください!

次回は、3Dプリンターと大谷翔平の共通点を無理やり探してみたいと思います。

ではでは!

 

■参考サイト

なぜ我々はドローンに興味津々なのか? 5つの理由〜ドローンはただの流行ではない、不可逆のトレンドを作る | 遠藤 諭

ドローンとは何か?なぜ流行ったか? – 映像作家コジロウのブログ


<運営元情報>
X人の株式会社は、3Dプリンター事業に特化した会社です。
3Dデータ作成・3Dプリントから、記事を書いたり雑務まで行なっております。
ご相談は、3Dayプリンターまでお願いします。