3Dプリント車椅子「GO」は、自分の身体に合った形状にカスタマイズ可能。

スクリーンショット 2016-08-05 10.12.28
f:id:osic:20160805101253p:plain

この20年で、携帯電話は大きく飛躍したが、車椅子は全くイノベーションが起きていないという話があります。

そんな車椅子に大きな変化をもたらすサービスが誕生しました。

 

ロンドンの企業が提供している「GO」は、3Dプリンターによって作られたカスタマイズ型の車椅子です。従来と比べて、高いデザイン性を持ち、なおかつ軽量化に成功しました。

 

サイトはこちら  GO : Layer

 

▼メッシュ形状の車椅子

f:id:osic:20160805101259p:plain

利用者の体を3Dスキャンし、身体に合わせて車椅子を制作します。また、車椅子のパーツは、座面部分は透明樹脂、フレームはチタン金属など、複数の素材を用いて作り上げています。カラー選択も可能としています。

 

▼カッコイイ手のパーツ

f:id:osic:20160805101256p:plain

 

詳しくは動画を見てください(Facebookアカウントが必要かもです)

また3Dプリントの協力会社としてマテリアライズが関わっています。

www.materialise.com

 

f:id:osic:20160805101153p:plain

納期は注文から約2週間程度。価格は未定です(調査不足)

また、筆者の好きな会社で、WILLという会社があります。車椅子という、”マイナスのイメージが強いものをプラスに変えよう”という考えの元、乗りたくなるデザインでつくれています。

WHILL パーソナルモビリティ – 次世代型 電動車いす

f:id:osic:20160805101630p:plain

車椅子の分野、今まで全く意識していなかったのですが、だんだん面白いニュースが出てきていますね。もし自分が利用する場面があれば、使ってみたいと思います。

 

■参考サイト

3Dプリンター製のオーダーメイド車椅子がロンドンのデザインウィークに登場 | TechCrunch Japan

世界初の3Dプリント車椅子GOその詳細が明らかに | 3DP id.arts

WHILL パーソナルモビリティ – 次世代型 電動車いす


<運営元情報>
X人の株式会社は、3D事業に特化した会社です。
3Dデータ作成のモデリーや、3Dプリントの3Dayプリンターなどをサービスを運営しています。