手のひらサイズの大きさ?世界最小の3Dプリンター「iBox nano」

20141123000851

3Dプリンターのイメージをガラッと変えます。

世界最小の3Dプリンター「iBox nano」のサイズは85×110×235mm。

イメージとしては、少し大きめのティッシュボックスくらいでしょうか?(例えが分かりにくい)

f:id:osic:20141123000851j:plain

10月にKickstarterにて出資を募集し、無事目標金額を達成されました。

3Dプリンターと言えば、とりあえず「デカイ」というイメージが持たれていますが、こんなに小さいと使いやすそうですねー!

単純にインテリアとしても飾りたい(笑)

f:id:osic:20141123000856p:plain f:id:osic:20141123002315j:plain f:id:osic:20141123002320j:plain

3Dプリンターが、今後、ファブコミュニケーションツールとして普及していくなか、PCと似たような成長過程を歩んでいくかと筆者は考えています。

はじめに、デスクトップ型のスーパーコンピューターが企業用に使われ、次に個人用のPCが普及する。

3Dプリンターも、産業用から普及し、パーソナルタイプのプリンターを個人が使っていく流れになるかと思います。(現時点では、産業用の3Dプリンターが市場の売上の大半を占めています)

日本だと3Dデータが普及していない現状もあり、パーソナルタイプのプリンターの普及はまだまだ先なのかと。

それにしても小さいなー。

価格は3万2千円。値段も非常にコンパクトです!

■出力画像

素材は樹脂になります。

f:id:osic:20141123002910j:plain f:id:osic:20141123002906p:plain

■「iBox nano」の全貌は、下記動画から


iBoxNano – YouTube

■参考サイト

iBox Nano – Worlds Smallest, Least Expensive 3D Printer by iBox Printers — Kickstarter


<運営元情報>
X人の株式会社は、3D事業に特化した会社です。
3Dデータ作成のモデリーや、3Dプリントサービスの3Dayプリンターまなどを運営しています。