Mcor社の新シリーズ。卓上型の紙の3Dプリンター「Mcor ARKe」を発表

f:id:osic:20160116174959p:plain

紙の3Dプリンター「Mcor iris」などを販売しているMcor社から新機種が登場しました。

紙素材の卓上3Dプリンター「Mcor ARKe」

f:id:osic:20160116174959p:plain

 

紙の3Dプリンター。紙なので石膏素材に比べると色は鮮明に映ります。それにしてもかなりクオリティー高いですね。

f:id:osic:20160116175414p:plain

造形方法としては、紙に塗装し、切り込みを居れて接着剤で重ねて3Dの模型を作っていきます。

f:id:osic:20160116180337p:plain

本体サイズは880×633×593mmと、普通の2Dプリンターほどの大きさ。

以前は、素材の紙はコピー用紙のようなものでしたが、今回はスペース縮小のためロール紙を使用しております。

f:id:osic:20160116175423p:plain

▼全モデルの産業用3Dプリンター。

f:id:osic:20160116175051p:plain

 

ワークサイズは240×205×125mmまで可能です。

価格は約6,000ドル。従来のフルカラー造形の機種にしては、かなりの低価格です。

f:id:osic:20160116180037p:plain

▲かなりのクオリティー。そしてこのサンプル品のおじさんは誰なんだろう…。

 

サポート材の除去の手間などの懸念点もありますが、使い方によっては大きく用途が広がりそうですね。

 

以下、動画になります。

www.youtube.com

 

それにしても同社は、アイルランドの会社のせいか製品の名前が読みづらい。

「アーケ」なのか、「アラケ」なのか?

同機種は、販売代理としてジェービーエムが取り扱う予定です。

 

今後の「McorARKe」に期待です。

 

■参考サイト

http://www.businessnewsline.com/news/201601120203070000.html

世界初の卓上型フルカラー3Dプリンター | 3DP id.arts

ASCII.jp:フルカラーも! 紙を重ねる3Dプリンターにデスクトップモデル登場|CES 2016レポート

 


【運営元情報】
X人の株式会社では、3Dプリンターに関わる業務を行っております。
3Dデータ作成・3Dプリントのご相談は、3Dayプリンターまで。