筆から3Dプリンターに。新しいデジタルアート作品が凄い

WIREDに面白い記事がありました。

絵筆を3Dプリンターに持ち替えた「ポストデジタル・アート」10選|WIRED.jp

 

比較的短い文章なのですが、簡潔にまとめると、様々なアート作品の中に3Dプリンターが組み込まれていっているというものです。

 

なにより作品事例が圧巻なのでご覧ください!

f:id:osic:20170105184414p:plain f:id:osic:20170105184433p:plain f:id:osic:20170105184454p:plain f:id:osic:20170105184504p:plain f:id:osic:20170105184401p:plain

(画像参照元)絵筆を3Dプリンターに持ち替えた「ポストデジタル・アート」10選|WIRED.jp

すごい!!!めっちゃカッコイイですね!

 

なお、同記事で、以下の文章が非常に印象的でした。

アートやデザインの世界では、3Dプリンティングのようなテクノロジーは、アーティストやデザイナーの身体の延長のようなものになりつつあり、もはや「いま話題の新しい制作手法」ではない。作品の制作にデジタルファブリケーションを使用する例が増えてきているため、そろそろ「完全にアナログなアート」をテーマにした展覧会も成り立つくらいだという。

 

 

自身が3Dプリント事業を行う中で、従来のクリエイターが3Dプリンターを手にしたらどうなるんだろう?

という好奇心というか問いかけみたいなものがあります。

 

また、彫刻→筆→イラスト→3Dモデル(Unityとか)→3Dプリントという具合に、時代とともにクリエイターが使用する道具が変わってきているように感じます。格子や波のデザインは手作業で表現が難しい分野ですし。

 

今後、3Dプリントによって、作品の幅が広がっていくことが確信しました。

 

 

ちなみに、前回にも同じようなニュースを取り上げたので、過去記事もどうぞ!

3dnews.3day-printer.com

 

※今回は他記事からの引用が多かったので、次はオリジナル記事を書けるように頑張ります。

 

 


<運営元情報>
X人の株式会社は、3D事業に特化した会社です。
3Dデータ作成のモデリーや、3Dプリントの3Dayプリンターなどをサービスを運営しています。