新しい3Dプリント技術?サポート材もいらず、回転も自由な、浮遊型の造形技術の特許が生まれる。

f:id:osic:20160227143107p:plain
空中で3Dプリントを造形する技術の特許が誕生

タイトルが長く申し訳ありません。

このたび、新しい3Dプリント技術特許が取得されました。その内容が非常にアクティブなものだったので、かなりテンションが上がっておりました。

こちらの特許は、空中に浮いている状態でオブジェクトを作成するというもの。

そのため、サポート材も要らず、人の手も介さず、回転しながら自由自在にプリント造形することが可能です。

f:id:osic:20160227143107p:plain自分の中では、全くの未知数の技術ですが、インスピレーションというか、なにか未来的なモノを感じます。

複数のプリントヘッドと磁器製の素材があれば、空中での3Dプリントが可能ということです。

f:id:osic:20160227143029p:plain

▲複数の3Dプリンターが囲ってる様子(カオスだ)

f:id:osic:20160227143043p:plain

▲手術時の様子しているような絵面ですね。

ガトリングを持ったロボット兵にも見えます。

f:id:osic:20160227143116p:plain

▲3Dプリントノズルから素材を出力していきます。

オブジェクトに磁気があり、磁気を利用することにより浮遊しているとのこと。

f:id:osic:20160227143130p:plain

粒子状の素材?こんな感じで材料を積み重ねていきます。

f:id:osic:20160227143234p:plain

▲空中なので回転も可能。マルチ素材も可能なのでは?

f:id:osic:20160227143143p:plain

▲出来上がったオブジェクト(造形物)は、目的地に運ばれていき、、

f:id:osic:20160227143216p:plain

▲そのままフィットされます。なぜ飛行機なのかは不明です。

 

 

f:id:osic:20160227143054p:plain

▲造形イメージ

 

詳しい動画はこちらからから。

www.youtube.com

 

まだ色々と未知数 ・・・

動画などもCGメインですので、実際の画像やデモ動画はない状態…

今の段階ですとまだどのように実用化されるのか見えてきません。あくまで企画段階の分野ではありますが、コンセプトはおもしろいと思いましたので、早く実用化に進んで欲しいです。

今後の技術の発展に期待です!

 

■参考サイト

空中浮揚型3Dプリント技術はオブジェクトを空中でプリントする | TechCrunch Japan

Boeing is 3D printing objects while levitating in space – PatentYogi


【運営元情報】
X人の株式会社では、3Dプリンターに関わる業務を行っております。
3Dデータ作成・3Dプリントのご相談は、3Dayプリンターまで。