10万円以下!国内で買える低価格な3Dプリンター機種一覧【FDM方式】

f:id:osic:20160106155305p:plain

近年、3Dプリンターの低価格化が進んでいます。

2013年に3Dプリンティング特許が切れ、安価な家庭用プリンターが続々と登場しました。

今までは、数十万円した3Dプリンターも今ではPC程度の低価格で購入することができます。今回は、特に低価格なFDM方式の3Dプリンターをピックアップしていきます。

※値段は飽くまで参考価格になります。

ダ・ヴィンチ1.0A

f:id:osic:20160106155305p:plain

ド定番のXYZプリンティングジャパン社の人気機種。

ダ・ヴィンチ1.0Aは、豊富なカラーメントに、圧倒的な使いやすさで人気があります。

wifiが搭載されており、PCを繋がなくてもタブレッドなどから直接3Dプリントすることができます。

上位の機種ですと、2色での造形が可能です。

=================================

特徴:豊富なフィラメントカラー

値段:69,800円

==============================

>>詳細はコチラ

ダヴィンチJr.1.0W| 3DプリンターのXYZプリンティング

>>購入はコチラ

www.amazon.co.jp

MakiBox

f:id:osic:20160106160200p:plain

圧倒的な低価格!

中国メイカーのMakibleの製品になります。

樹脂も圧倒的に安いです。ABSで気軽にメチャクチャ使いたい人は、

ボディが超透明なスケルトンなんですが、1万円高い機種にすると黒のボディのタイプも購入できます。

==============================

特徴:組み立て式

値段:35,800円

==============================

>>購入はコチラ

jp.xyzprinting.com

オープンキューブ

f:id:osic:20160106163721p:plain

大手3Dプリンターメイカー「3DSystems」が出しているCubeシリーズ。

子どもでも使えるように、デザインや設計から超シンプルなです。

今はCUBEの生産が中止されていますが、未だに知名度の高い機種です。

実は、我が家にも1台保有していたりします。

※現在は生産中止。

==============================

特徴:とにかく使いやすい

値段:54,600円

==============================

>>購入はコチラ

www.amazon.co.jp

BONSAI LAB BS01

f:id:osic:20160106171637p:plain

Bonsai社の出しているBS01。

造形用とサポート材用でノズルが違ったり、本格的な家庭用3Dプリンターになります。

組み立て式で設定条件も色々ございますので、最低限の3Dプリンターの基礎知識が求められます。

外観がとてもお洒落で、個人的に好きなデザインになります。

==============================

特徴:コンパクトでおしゃれなデザイン

値段:99,800円

==============================

>詳細はコチラ

BS01 Dual|Bonsai Lab

>>購入はコチラ

www.amazon.co.jp

UP  mini

f:id:osic:20160107164309p:plain

大手3Dプリンターメイカー、ストラタシス社の人気機種。

FDM方式ならではの積層のズレが少なく、高いクオリティーが期待できます。

家庭用でも品質にこだわりたい方におすすめの商品になります。

==============================

特徴:サポート材が剥がしやすい、高品質

値段:99,348円

==============================

Value3DMagiX MF-500

f:id:osic:20160107163937p:plain

国産のムトー社のプリンター。

外観からして、何かメイドインジャパンって感じがします。笑

プリンターに冷却ファンが搭載しており、造形物を瞬時に冷やし、造形物のクオリティー劣化を防ぎます。

==============================

特徴:冷却ファン搭載

値段:79,205円

==============================

これからも低価格の3Dプリンター機種が登場

上記で紹介した機種以外にもクラウドファンディングなどで個人の3Dプリンター製品が登場しています。

20150719184142

▲重さ3キロ弱、値段も3万円とポータブルタイプの3Dプリンター「Freaks3D」

20151020015851

▲子供向けの3Dプリンター「Rever」

themicro3

▲超破格の3Dプリンター「The Micro」は2万円で購入可能

プリンターの低価格化が進む。

3Dプリンター技術の特許が切れ、様々な会社や個人が自分たちでプリンター開発を進めています。

今後、3Dプリンターの購入のハードルがドンドン下がっていくかもしれません。

購入方法

個人的には、3Dプリンターの仕組みが複雑だったりするので、説明やアフターサポートも合わせて代理店などで購入するのが良いと思います。

簡単に低価格で買いたいのあれば、Amazonがオススメです。

自分にあった3Dプリンターを購入し、ものづくりライフを満喫していきましょう!


<運営元情報>
X人の株式会社は、3D事業に特化した会社です。
3Dデータ作成のモデリーや、3Dプリントの3Dayプリンターなどをサービスを運営しています。