まだ単色3Dプリンターで消耗してるの?「RoVa4D」はマルチカラー対応の3Dプリンター。

f:id:osic:20160811152914p:plain

家庭用3Dプリンターといえば単色、単色といえば3Dプリンターというイメージがあります。

今回紹介する「RoVa4D」は、マルチカラー対応の3Dプリンターです。

f:id:osic:20160811152914p:plain

現在、クラウドファンディングのKickstarterに応募しており、既に1,000万円以上の調達を行っています。(2016年8月時点)

クラウドファンディングの3Dプリンター枠では、久々のヒット商品じゃないでしょうか?

RoVa4D Full Color Blender 3D Printer by ORD Solutions — Kickstarter

ちなみに、本機種は2014年にKickstarterで成功を収めた機種「RoVa3D」のパワーアップ版です。

>>前身となる機種

最大5色同時に出力できるマルチカラー3Dプリンター「RoVa3D」が登場! | 3Dプリンターの総合情報サイト「3Dクラフト」

 

複数素材に対応

「RoVa4D」の特徴としては、なんといっても複数の素材に対応している点が挙げられます。色を変えられるのは勿論のこと、木材や金属といった異なる素材とも組み合わせることができます。なお、造形方法は家庭用でお馴染みのFDM方式っぽいです。

f:id:osic:20160811153013p:plain f:id:osic:20160811154250p:plain

出力品の参考画像

f:id:osic:20160811154232p:plain f:id:osic:20160811154306p:plain

▼複雑な模様になると、色がぼやけるような印象があります。f:id:osic:20160811154332p:plain

動画

本機種の造形の様子に関しては、以下の動画をご覧ください。

www.youtube.com

まとめ

気になる価格ですが、Kickstarterの支援枠で1台約50万円です。

家庭用3Dプリンターと呼ぶには少し高いのですが、マルチカラーの機種ではかなり低価格と言えるのではないでしょうか。

 

この3Dプリンターがあれば自分でビジネスを始めることができ、会社員を辞めてもフリーランスで食べていけそうですね。高知の名産の赤牛を3Dプリントし、自分で運営しているブログなどで紹介すれば売れるのではないでしょうか。

単色で消耗せず、マルチカラーで美しい未来をつくっていきましょう。

■参考サイト

フルカラー出力&異素材同士をブレンドできる3Dプリンター「RoVa4D」が登場!1000万以上の出資を集める | Techable(テッカブル)

RoVa4D Full Color Blender 3D Printer by ORD Solutions — Kickstarter

まだ東京で消耗してるの?

 


<運営元情報>
X人の株式会社は、3Dプリンター事業に特化した会社です。
3Dデータ作成・3Dプリントから、記事を書いたり雑務まで行なっております。
ご相談は、3Dayプリンターまでお願いします。