3Dプリンターで橋を作ろう!アムステルダム運河に橋を架けるプロジェクトを計画。

3Dプリンターで鉄鋼を描く!

アムステルダム運河に3Dプリンターで歩道用の橋をプリントするという壮大なプロジェクトの計画を、オランダのベンチャー企業が明らかにしました。

f:id:osic:20150706205550j:plain

アムステルダム運河

f:id:osic:20150706205535j:plain

3Dプリンターというよりもロボットですね。

運河の両端に3Dプリンター(ロボット)を設置して、両サイドからプリントしながら進んでいくというもの。

それにしても、3Dプリンターで家も作ったり、車を作ったり、凄い時代がやってきました。

www.blog.3day-printer.com

www.blog.3day-printer.com

また、NASAは、月面に3Dプリンターで都市を作る予定だったり。

www.blog.3day-printer.com

造形方法ですが、材料となる金属を1,500度の温度で溶かして積み重ねていくというもの。

今までは金属の3Dプリント造形は可能でしたが、ここまで大きなスケールは初めてだと思います。実際に人が乗れるか、耐久性は気になりますが。。

f:id:osic:20140310104058j:plain

(金属のサンプル品。現在は手のひらサイズの小さいものを作るのに造形に数時間かかる。)

なお、プロジェクトの考案はオランダのベンチャー企業。

国家でなく企業がプロジェクトを行ってるというのも興味深いです。

同計画の完了予定は、2017年半ば。かなり壮大なプロジェクトですね。

これから、橋や家が作られるのであれば、将来的には3Dプリンターで都市や町を作ることも不可能ではないですね。

今後の本プロジェクトに期待です!

■参考記事

アムステルダム運河に3Dプリンターで橋、計画発表 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News


画像の説明文 <運営元情報>
株式会社メルタは、3D事業に特化した会社です。
3Dデータ作成のモデリーや、3Dプリントの3Dayプリンターなどのサービスを運営しています。ライターの仕事も受け付けます。


ABOUTこの記事をかいた人

濱中 拓郎

株式会社メルタの代表。 1991年生まれ。高校・大学とボクシングのサンドバックに打ち込み、新卒で入ったベンチャーが半年で倒産し、未経験の3Dプリンター業界で起業。 創業当初は「3人の株式会社」という社名にして怒られていました。目新しいサービスが好きです。