3Dプリンターの故障を予測。IOTを使った3Dプリンターのメンテナンスが開発中。

近頃よくメディアなどで名前が挙がってくる、IOT(Internet of Things)。

f:id:osic:20150709230155j:plain

IOTについては以下の記事を参照に…

モノのインターネット(Internet of Things : IoT)とは – TOCOS-WIRELESS.COM

現在、IOTと3Dプリンターを組み合わせたメンテナンスサービスが検証されています。

NTTやJSOLなど3社が共同プロジェクトとして開発中。

f:id:osic:20150709230203j:plain

コンセートレータから稼働状況などを可視化し、劣化や摩擦状況などのモニタリングを行います。

写真を見る限り、産業用のプリンターが対象になるのでしょうか?

3Dプリンター保有者のネックとしては、機械のメンテナンスの難しさがあります。精密機械なためイレギュラーに機械が故障するみたいです。

3Dプリンター自体の機械をクラウドで管理し、故障の前にメンテナンスを行うとのこと。

かなり需要がありそうなサービスですね。

個人的にかなり面白そうだと思ったサービスです。

IOTの事例として、以下の様なサービスがあります。

・公共のゴミ箱にセンサーを着けて、効率的にゴミ収集を行う

・冷蔵庫の空きスペースをオンラインで共有

・赤ちゃんの体温や体調をスマホで確認

IOTと3Dプリンターの組み合わせだと、色々アイディアが出てきそうです。

個人的には、3Dプリンターの材料情報をネットで管理して、無くなるタイミングでリアルで届けてくれるサービスなどあればいいかなーと思いました。(Amazonなどが行いそうですがw)

本サービスは、法人企業のメンテナンスの煩わしさを解消してくれるサービスになるでしょう。

今後のIOTと3Dプリンターの分野に期待です。

■参考記事

製造ITニュース:「その3Dプリンタ、来週壊れます」を把握可能に、IoTを使った保守サービス実用化へ – MONOist(モノイスト)


<運営元情報>
X人の株式会社は、3D事業に特化した会社です。
3Dデータ作成のモデリーや、3Dプリントの3Dayプリンターなどをサービスを運営しています。