アート的な3Dプロダクトを販売!デザイン特化のECサービス「Lin-design」が開始。

20151013000139

株式会社 札幌立体データサービス社が、3Dプリンターを活用したオリジナル製品の販売サービス「Lin-design」を開始しました。

f:id:osic:20151016001748j:plain

 

>>公式サイト

lin-design.jp

 

「Lin-design」とは?

本サービスは、「今まで存在しなかったデザイン」を3Dプリンターを駆使して製作するというコンセプト。全てのデザインは、意匠登録しております。 

アート×3Dプリンター、相性のいい組み合わせですね。

f:id:osic:20151013000139p:plain

f:id:osic:20151013000147p:plain

 

 

LIn-Designのこだわり        

※以下、サイト引用

 

大量生産品にはない少量生産の造形美

Lin-Design製品は全てABS樹脂(プラスチック)を使って製造されております。当初の設計ではデザインを優先し素材にはこだわっていませんでしたが、様々な素材で試作サンプルを製造して樹脂素材の違いや、更には素材メーカーの違いによって完成品の精度に大きな違いが出ることを発見しました。最終的には高価な材料であればあるほど良いものができるという比例関係を導き出し、現在では信頼性の高い最高級のABS樹脂を使って製品を製造しております。

 

絶妙なクリアランス設計

一輪挿しシリーズでは内部にガラス管が挿入されております。筐体本体とガラス管とのクリアランスはキツすぎもなく緩すぎもない、ガラス管を手放しで出し入れすると空気の移動効果でゆっくりと滑らかに移動します。
ガラス管の個体差や筐体製造時の熱収縮まで全て計算されたデザインであるからこそできる神業なのです。この滑らかさは言葉で表現するのは難しく強いて表現するとすれば「ヌルっと」した感じです。思わず何度もガラス管を抜き差ししてしまう病みつきの感触に仕上げました

 

ケースや梱包にもこだわっています

Lin-Design製品は全て桐のケースに入って皆様の元へ届きます。箱内の製品はソフト素材で包まれペーパーパッキンで厳重に保護されております。桐の箱を開けてまず出てくる和紙にもご注目下さい。桐の箱には弊社純正品である証としてLin-Designの刻印が入っております。全てのLin-Design製品は届いた後に開封する作業もひとつの儀式として楽しむことができます。
桐箱に刻印されております書は、心書家アーティストによるオリジナルデザインで、一輪挿しの黒シリーズには「魂」の一文字、白シリーズには「心」の一文字が刻印されております。
※場合によって異なることあり

今まで、アート性の高いプロダクトなどは、大量生産には不向きなデメリットがありましたが、

3Dプリンターで受注生産での製造・販売などが簡単になりました。

 

本サービスは、プロダクトは勿論、製品を入れる箱からトータルでプロデュースしています。

特別性の高い3Dプリントプロダクトにおいて、こういった体験は非常に嬉しいですね!

プロダクト紹介

ROSE-009NT ¥21,600-(税込)

f:id:osic:20151016001906j:plain

f:id:osic:20151016001942p:plain

商品説明

Lin-Designの中で最も製造が難しい形状であるROSEシリーズのフラグシップモデルです。螺旋状のフィンは独自の特殊製法でも成形が難しく幾度と無く失敗を繰り返しながら作り上げた逸品です。
置いた際に横から覗き込むとフィンとフィンとの間の隙間が数段に並び美しい造形美を楽しむことができます。横から見た時のシルエットは乳房の形をイメージしつつ凛々しい形状を表現してみました。
筐体は樹脂製であるものの、ズッシリとした重量感を感じられる安定した設計になっていますので水を入れても安心して使うことができます。内部には専用のガラス管が入っているため、取り外して洗浄することも簡単に行えます。

スペック

色:ナチュラル色(実際の製品と写真では色味が異なることもございます)
サイズ:W90 x D90 x H170 [mm]挿し口内径:Φ14mm
重量:200[g](ガラス管を入れた状態,水なし)
容量:25[ml](ガラス管内容量)
素材:筐体 ABS , 内部 ガラス
付属品:ガラス管・専用桐ケース
オプション品:代替用ガラス管

こちらは、かなりアート性の高い作品です。通常の金型からでは造形できない形状ですね。3Dプリンターならではの作品だと思います。

3Dプリントが売れる時代に?

マーケットプレイスのrinkakやDMMもそうですが、3Dプリントプロダクトを売り出していく動きが加速してると感じます。

3Dプリンターで「モノを作る」ではなく「モノを売る」時代がやってきてますね。

rinkak | 3Dプリンター・3Dプリントのものづくり&マーケットプレイス

3Dモデルを選んでネットから造形! – DMM.com

 

ijet社のスマホスタンドの販売なども記憶に新しいです。

www.blog.3day-printer.com

 

「Lin-design」が、販売の際のケースや梱包にもこだわってるのが、個人的に興味深いです。一貫した取り組みがいいですね!

なお、こちらのプロダクトは、現時点でサイト内で販売しており、順次Amazonなどで販売される予定です。

 

3Dプリンターで最終製品を売りだしていく。「Lin-design」の今後に期待です!

 

■参考サイト

http://lin-design.jp/

 


【運営元情報】
X人の株式会社では、3Dプリンターに関わる業務を行っております。
3Dデータ作成・3Dプリントのご相談は、3Dayプリンターまで。